薪窯焼成2017

 講師の野田です。
 ご報告が遅くなってしまいましたが、今年も薪窯焼成に行ってきました。
 諸事情により延期され、例年より遅い12月2日〜5日(窯出し9日)の開催となりましたが、制作期間が長くなった分、参加者、参加作品数ともに例年の5倍以上になりました。
 窯詰め〜窯焚き〜窯出しにフル参戦する生徒もいらっしゃって、充実したイベントとなりました。
 焼成も順調で、焼き上がりも上々でした。
 「土と炎」による力強い作品を見て、あらためて陶芸の原点を感じました。
 来年以降も開催する予定ですので、ぜひふるってご参加ください。

a0172734_13303336.jpg
朝9時、沼津の「あしたか芸術村」内の窯に各陶芸教室から参加者が集合。
リーダーの佐藤和彦先生の指導の下窯詰め開始です。
a0172734_13304075.jpg
窯詰めの終わった1室。
ここは薪をくべる部屋でもあるので自然釉の作品が期待できます。

a0172734_13162638.jpg
2日目には1300℃まで達し、窯焚きは順調。
a0172734_13162855.jpg
自然釉を狙うときは、温度だけでなく薪をたくさんくべて灰をたくさん降らせなければなりません。
a0172734_13162548.jpg
1300℃を越えると炉内は発光し、まぶしく輝きます。
a0172734_13162517.jpg
引き出された伊賀風の花器。
酸化状態で急冷することで、澄んだビードロ釉になります。
a0172734_13162479.jpg
引き出された「瀬戸黒」の茶碗。
「引き出し黒」とも呼ばれる技法で、急冷することで漆黒になります。
a0172734_13162436.jpg
1週間後に窯出し。1室の様子。
たっぷりと被った灰が熔けて、きれいなビードロ釉になっています。
a0172734_13162393.jpg
窯出し前の2室の様子。この部屋では釉薬ものを焼きました。
薪窯ならではの窯変がきれいです。



陶芸教室・祖師谷陶房
東京都世田谷区祖師谷6-3-18
TEL:03-5490-7501

★フェイスブックページはこちら http://www.facebook.com/tohboh
ホームページ http://www.soshigayatohboh.co.jp/

最寄駅:祖師谷大蔵 千歳船橋 千歳烏山 成城学園
体験教室 電動ロクロ 絵付け 都内 23区

by tohboh | 2017-12-30 14:52 | 祖師谷陶房:イベント

東京都世田谷区祖師谷にある陶芸教室のスタッフによるブログです。教室では絵付け電動ロクロ、磁器も扱っています。一日体験もやっています。


by tohboh